歴史 祝祭日

【祝日】「建国記念の日」の由来と意味は?「建国記念日」との違いは?

2021年1月現在、年間に16日定められている国民の祝日の一つとして「建国記念の日」が挙げられます。

これは、文字通り日本の建国を記念して制定された祝日として認識されていますが、いつ制定されて、何をもって「建国」なのか、その実態を詳しく知る人はお多くないと思われます。

今回は、日本における「建国記念の日」をその由来と意味について深く掘り下げ、また諸外国の「建国記念日」についても触れて参りたいと思います。

DAY

「建国記念の日」とは?

日本国旗

「建国記念の日」は、1966年(昭和41年)に制定された国民の祝日です。

日本には「国民の祝日に関する法律」(通称「祝日法」)なるものが存在し、これにより国民の祝日を法的に定めています。

国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)

第一条
自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名づける。

内閣府HP 国民の祝日に関する法律(https://www8.cao.go.jp/chosei/shukujitsu/gaiyou.html) 参照

「建国記念の日」は、他の国民の祝日とは少し異なる側面をもっています。

  • 存在は法律によって定められ、日付は政令によって定められている。
  • 一度廃止されて再度制定された。
  • 「建国」の定義について紆余曲折があった。

これらの特異点を踏まえつつ、「建国記念の日」について解説して参ります。

「建国記念の日」意味と由来

建国記念の日

「建国記念の日」は、2月11日が1873年(明治6年)に紀元節として祝祭日に制定されていたことに由来します。

紀元節とは、初代天皇である神武天皇の即位日を意味する旧暦の1月1日を新暦に直した日付です。

この紀元節は、1948年(昭和23年)にGHQの意向で一度は廃止されますが、1951年(昭和26年)頃から紀元節復活の動向が見え始めるようになりました。

1957年(昭和32年)から10年近くもの間、紀元節復活あるいは建国記念日制定について出された立案は10回もの提出と棄却を繰り返した後、1966年(昭和41年)6月25日に「建国記念の日」として成立し、同年12月9日に提出された答申によりその日付を2月11日とする旨が決定しました。

これらの紆余曲折の過程で、何をもって「建国記念」とするかについても議論がなされました。
サンフランシスコ講和条約が発効し、日本の主権が回復した4月28日説や、日本初の憲法と言われている聖徳太子による十七条憲法制定の4月3日説や、日本国憲法施行の5月3日説などが挙げられました。
どの案も日本の原点と言っても過言ではない意味合いを含んでいますが、結果的に各界の有識者を含めた審議会に諮問するなどして2月11日に決まりました。

「建国記念の日」と「建国記念日」の違い

法的には「建国記念の日」であり、カレンダーにもそのように記載されています。では、「建国記念日」ではダメなのでしょうか。

これには、日本語独特の解釈の問題が関係してきます。「建国記念の日」と「建国記念日」の違いについて見ていきましょう。

先述した通り、件の「建国記念の日」は初代天皇である神武天皇の即位日である紀元節が由来となっています。しかし、日本という国が建国された日については歴史的にも曖昧な部分が多く、祝日制定の審議会においても意見が分かれていました。

仮に「建国記念日」としてしまうと、あたかもその日(2月11日)が日本が建国されたその日として認識が広がってしまいます。

そのような誤認を防ぐためにも「建国記念の日」とし、「建国記念日」との違いを表しています。

つまり、
「建国記念日」・・・建国されたその日
「建国記念の日」・・・建国を祝う日
という解釈の違いが生じるわけです。

世界各国の「建国記念日」

「建国記念の日」と「建国記念日」の違いについて触れたところで、海外の状況についても紹介します。

諸外国も国によって何をもって建国とするか、あるいは建国したその日なのか、日本のようにあくまで建国を祝う日なのかは様々です。
この項では総合的に「建国記念日」として紹介して参ります。

国名日にち名称由来
アメリカ7月4日独立記念日1776年、アメリカ独立宣言に署名された日
イタリア6月2日共和国記念日1946年、国民投票により王政から共和制へ変わった日
フランス7月14日フランス革命記念日(パリ祭)1798年、バスチーユ牢獄襲撃からフランス革命が始まった日
オーストラリア1月26日オーストラリアの日1788年、最初の移民団がシドニー湾から上陸した日(※厳密には建国記念日ではない)
カナダ7月1日カナダの日1867年、イギリスから自治権を獲得した日
ロシア6月12日主権宣言記念日1991年、ソビエト連邦から独立を宣言した日
スイス8月1日建国記念日1291年、スイス誓約同盟が結ばれた日
ドイツ10月3日ドイツ統一の日1990年、ドイツ連邦共和国とドイツ民主共和国が再統一した日
トルコ10月29日共和国宣言記念日1923年、正式に共和国となった日
ノルウェー5月17日ノルウェー憲法記念日1814年、ノルウェー憲法が制定された日
ブラジル9月7日独立記念日1822年、ポルトガルからの独立を宣言した日
ハンガリー8月20日建国記念日1000年、初代王のイシュトヴァーン1世がハンガリー王国を建国したとされる日

以上はあくまでも一部ですが、建国の定義が国によって様々なことが見て取れると思います。

まとめ

  • 「建国記念の日」は初代神武天皇が即位した紀元節が由来。
  • 「建国記念の日」は法律で定義づけされており、日付は政令によって指定されている。
  • 「建国記念の日」は建国日として誤認されないように「建国記念の日」と命名している。
  • 世界各国にも「建国記念日」は存在し、その意味や由来は様々。

以上が、「建国記念の日」の由来や意味です。

建国の定義については諸説あるため、制定までに多くの審議を重ねた「建国記念の日」について少しでも理解が深められたのであれば幸いです。

-歴史, 祝祭日
-, ,