年中行事 歴史

【4月1日】エイプリルフールの発祥と意味とは?面白い嘘にも着目!

1年間で唯一、嘘をついても許される日として4月1日のエイプリルフールを挙げる人は少なく無いと思います。それだけ、「エイプリルフール=嘘をつける日」という認識が世間一般的に広まっていると言うことでしょう。

しかし、エイプリルフールの発祥や歴史、また本当の意味については実は諸説あり、国や地域によっても認識に相違があります。

そこでここでは、エイプリルフールの発祥や意味を紐解きつつ、今までに出てきた上手い嘘にも注目して紹介してまいります。

エイプリルフール

エイプリルフールの発祥と意味

まず、エイプリルフールの発祥についてですが、その起源自体は不明です。

ただ、不明なりに有力な説がいくつかある為、確証こそないものの、それらをここで紹介します。

古代ペルシャ発祥説

春分から数えてちょうど13日目にあたる4月1日は「嘘の13日目」と言われ、この日にはいたずらをする習慣が古代ペルシャにはありました。これは、「シズダベダール」と呼ばれており、このお祭りがヨーロッパに伝わったという説があります。

インド発祥説

インドでは仏教の説法が春分に始まり、3月31日に終わるとされています。しかし、3月31日をもって修行期間が終わると、人々は修行前の怠惰な生活に戻ってしまうと危惧されており、この3月31日前後を揶揄節とし、人々を無用に使い走らせることに由来するとされています。

また、インドでは他の説もあり、3世紀頃に行われていた春祭りにおいて、人々はいたずらをし合う風習があったそうです。これは後にインドを代表する春祭り「ホーリー祭」の起源になったとも言われています。

フランス発祥説

16世紀半ば、それまでは春分の祭りを新年としていた暦を、シャルル9世が1月1日に改暦しました。これに反発した人々が4月1日を「嘘の新年」として騒ぎ立てたことに由来する説があります。

また、フランスではエイプリルフールを「Poisson d'avril(ポワソンダブリル)」と言い、直訳すると「4月の魚」となります。これは、子供たちが魚の絵を描いて、それをこっそり人の背中に貼り付けるという悪戯で、ちょうどこの時期にサバが良く漁れることに由来します。

イギリス発祥説

17世紀のイギリスでは、イングランドの王政復古を祝う「Oak Apple Day(オークアップルデー)」が執り行われていました。この日には午前中のみ、オークの小枝を身に付けていなければならず、さもないと卵を投げつけられたり、イラクサで叩かれたりしたそうです。

昨今のエイプリルフールにおける「午前中だけ嘘をついても良い」という慣習の起源とも捉えられるでしょう。

海外のエイプリルフール

起源や発祥がはっきりしていないエイプリルフールですが、どうやら海外、特にインドや中東に端を発し、ヨーロッパへと伝播していったように見受けられます。

そこで、特徴的なエイプリルフールの例としてイギリスとフランスに着目して海外のエイプリルフールを紹介していきます。

フランスのエイプリルフール

先述した通り、フランスでは「Poisson d'avril(ポワソンダブリル)」と呼ばれており、子供たちが魚の絵を人の背中にこっそりと貼り付ける悪戯を行います。

この時期は、サバが良く漁れる時期であることに加えて、カトリック教徒にとっては肉食を控える受難期でもある為、魚の贈り物が喜ばれました。また、子供だけでなく、魚のパイを焼いたり、魚型のお菓子を作ったりと、魚にまつわる商品が出てくるのもフランスならではでしょう。

イギリスのエイプリルフール

エイプリルフールにおいて、午前中だけ嘘をついても許されるという風潮が広まったのは、イギリスにおける慣習が大きく影響しているというのは、先述の通りです。よってイギリスでは、メディアなどで大々的に嘘を報道し、午後にはそのネタバラシをするという流れができています。

日本のエイプリルフール

日本にエイプリルフールが伝わったのは大正時代とされています。当時の新聞でも欧米の習慣として紹介されていたと言います。

また、仏教のように、インドで発祥し中国を通して江戸時代に日本へ伝わったという説もあります。

エイプリルフールの面白い嘘

嘘か?本当か?

様々な発祥説がある中で、こと日本においてはささやかな嘘をつくことが恒例となっているエイプリルフールですが、相手を傷つけない面白い嘘がSNSなどで話題に挙がることもこの時期ならではでしょう。

そこで、この項ではエイプリルフールで使える面白い嘘を紹介してまいります。

実は〇〇と付き合っている

画像編集が誰でも手軽に出来る昨今、例えば有名人の画像を自分の写真と合成して「実は〇〇と付き合っている」という嘘があります。赤の他人を巻き込むことには賛否両論あるかと思いますが、SNSなどで広く公開せず、あくまでも周りの友人との他愛無い冗談として用いるのが良いでしょう。

画像合成等による面白い嘘は他にもいくつかのバリエーションがあります。

〇〇へ行ってきました

他人を巻き込まない面白い嘘として、海外の背景に自身を合成させ「○○へ行ってきました」という話もできます。行き先が日本国内などの身近であればあるほど信憑世が増す一方、面白さが欠けてきますが、海外、特に旅行でも普段行かないような土地なら、面白さが増長します。

画像編集の練習にもなって、誰も傷付けず、面白い嘘もつけるという三拍子揃ったエイプリルフールになることでしょう。

実はエイプリルフールじゃないんだ

これは、相手の嘘に対してカウンターのように発動する嘘です。

どういうことかと申しますと、エイプリルフールに誰かがあなたに嘘をつくとします。そして嘘だと分かった時、あなたは「実はエイプリルフールは制度として終わっていて、今日はエイプリルフールでなはいんだ。だから嘘をつくのは良くない。」などと伝えます。

この時、具体的に年代や経緯を織り混ぜるとより効果的です。

「実は90年代に各メディアがエイプリルフールに合わせて大々的に嘘の広告を流しまくって、国民に多大な混乱を招いたから、それを危惧して当時の小泉内閣は閣議で4月1日のエイプリルフールを全面的に廃止する法案を可決させたんだ。」(嘘)

このように言うことで、話の信憑世が増し、嘘を嘘で返すことが成功するでしょう。結局嘘なんですけどね。

まとめ

  • エイプリルフールの発祥や起源は定かではないが、古代ペルシャやインドの春祭り発祥説が有力。
  • 午前中だけ嘘をついても許されると言う文化はイギリスの王政復古を祝う「Oak Apple Day(オークアップルデー)」が由来。
  • フランスではエイプリルフールを「Poisson d'avril(ポワソンダブリル)」と言い、子供が魚(サバ)の絵を人の背中に貼り付ける風習がある。
  • 日本へは大正時代に伝播したと言われている。
  • エイプリルフールの面白い嘘は多々あるが、いずれにせよ人を傷つけたり迷惑をかけない程度に止めるのが良い。

以上が、エイプリルフールについてのまとめです。

伝統行事や歴史的文化というには些か軽い気もするエイプリルフールですが、意外にも諸外国で多様な伝統が伝統が影響し合っている事がわかりました。

-年中行事, 歴史