【元SKE48】矢方美紀と指原莉乃は同郷!?卒業後は服屋店員!?病名は乳癌!?手術後の現在は!?

alt="矢方美紀"

こんにちは、ショコラです。

今回は、矢方美紀さんを取り上げます。

alt="矢方美紀"

人気アイドルグループAKB48の姉妹グループで名古屋は栄を拠点に活動するSKE48の元メンバーで現在はタレントとして活動中の矢方美紀さん。

そんな彼女が去年末に乳がんを患い、手術を受けていたことがわかりました。

現在は無事に退院もしているようです。

そんな矢方美紀さんについて、調べました。

スポンサーリンク

 

『指原莉乃と同級生!?卒業後は服屋店員!?』

矢方美紀(やかた みき)さんは、1992年6月29日生まれの現在25歳。

大分県出身で、2009年9月の「AKB48第六回研究生(9期)オーディション」を受けるも不合格。

同年11月1日に行われた「SKE48第三期メンバーオーディション」に合格し、同期の須田亜香里さんや、松村香織さんらとともに、11月14日にお披露目されます。

大分出身にもかかわらず、東京は秋葉原のAKB48や名古屋は栄のSKE48のオーディションを受けたのは、当時まだNMB48(2010年始動)もHKT48(2011年始動)も発足していなかったためでしょう。

ちなみに、大分県と言えば、AKB48の5期生としてグループに加入し、現在はHKT48チームHメンバー兼劇場支配人も務める指原莉乃さんの地元ですが、矢方美紀さんと同級生だったようです。

ふたりは、同い年で、大分市立王子中学校卒業後、楊志館高等学校に進みます。

一度は同じクラスになったこともあったそうですが、陸上部でアウトドア派な矢方美紀さんに対し、吹奏楽部でインドア派な指原莉乃さん。

中学・高校と同じ学校でありながら、意外と接点は無かったようです。

そのせいか、矢方美紀さんが指原莉乃さんを苛めていたなどという話も挙がりましたが、根拠のない噂に過ぎません。

さて、SKE48加入後約1年が経った2010年12月6日に研究生からチームKⅡの正規メンバーに昇格。

さらに2年後の2012年5月16日発売の9thシングル「アイシテラブル!」で初の選抜入りを果たし、同年開催の「AKB48 27thシングル選抜総選挙」において62位にランクインし、フューチャーガールズ入りに成功します。

2013年にチームKⅡからチームSへ移籍し、2015年に同チーム副リーダーに、そして翌2016年にはチームのリーダーに就任し、スローペースながら地道に地位を上げていきます。

しかし、2017年1月25日の劇場公演でSKE48から卒業することを発表。

同年2月28日を以ってSKE48としての活動を終了します。

グループ卒業後はタレント活動をしている矢方美紀さんですが、一部では、服屋店員になったという声も挙がっています。

それには2つの理由が考えられます。

まず前提として、矢方美紀さんは2018年1月から名古屋のタレントプロダクション「TYK Promotion」に所属して、テレビやラジオ出演などのタレント活動をしています。

2017年2月28日にSKE48を卒業してから約1年間のブランクがある為、その間に服屋店員としてアルバイトをしていたのではないか?という憶測が立ったのがひとつ。

もうひとつは、SKE48現役メンバーで矢方美紀さんの同期でもある須田亜香里さんがSNS上で「可愛い店員さんに服を選んでもらった」という内容を発信しています。

そこに矢方美紀さんとの写真も投稿していた為、矢方さんが店員である可能性を示唆したというのがふたつ目の理由です。

いずれも、矢方美紀さんが服屋店員であることへの確証には至らず、結局は憶測の域を出ない噂止まりの情報でした。

しかしながら、所属事務所のプロフィールを見ると、テレビやラジオ出演も多く、ネット配信番組や雑誌にも活躍の場があるようで、安心しているファンも多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

『病名は乳癌!?入院→手術後の現在は!?』

ネームバリューがある大グループだけに、卒業後の活躍に千差万別あるAKB48グループですが、SKE48卒業後もそれなりに活躍している矢方美紀さんがある病を患います。

病名は乳癌で、矢方美紀さんは2017年12月に自身のブログで癌であることを公表します。

また、手術により、左乳房を摘出したことも報告しています。

2018年4月13日配信の「女性自身」では、以下のように報じています。

 

4月13日、元SKE48の矢方美紀(25)が自身のブログで2017年12月に乳がんが発覚したと告白。

手術で左乳房全摘出とリンパ節切除を行ったと報告した。

『*お知らせ*』と題したブログを更新した矢方。

3月から療養のため、約1カ月間休んでいたことを伝え

「SNSでは、私が通院している事をちらっと書いていましたが、『体調悪いのかなぁ?』と、ファンの方や関係者の皆様を驚かせてしまったり、心配をおかけしてごめんなさい」と謝罪。

「去年の12月、私の身体にずっと気になる箇所があり、周りの方にも色々と相談をして…病院に行ってみたところ、

『改めて詳しく検査を受けてください!』と言われ、その検査の結果で、乳がんだと判明しました」と病名を明かした。

「その後、他にも異常はないか色々な検査を受けて先日手術を受け、左乳房全摘出とリンパ節切除を行いました」と告白。

「手術後の私は意外と元気でした! 今は、術後の痛みは少しありますが、なんとか無事に退院も出来ました」と現在は無事に退院したことを報告した。

「リンパ節切除という事で、左手が今は肩から上に上げるのが少し難しい感じです。でも、リハビリを自分でもすれば、また以前と変わらずになるそうなので、1日でも早く治したいと思います」

と明るく前向きな気持ちをつづっている。

これに対しファンから「びっくりしました…無事でよかった」「休んでください!」「身体を大切にしながらがんばってください」「まずは退院おめでとうございます!無理せずに!ずっと応援しています」

など励ましのメッセージが寄せられている。

また、ネットで矢方の病状を知ったという同じ病を患っているファンからのコメントもみられ

「お互い病気で辛い思いをした分、絶対に幸せになりましょうね」「長い道のりですが、一緒にがんばりましょうね」など一緒に頑張ろうというメッセージも送らせている。

 

女性だけでなく、男性にも起こり得る乳癌ですが、早期発見と適切な治療により、良好な経過を期待できます。

2017年6月22日に死去したフリーアナウンサーの小林麻央さんは、2014年2月に人間ドックを受診し、乳房にしこりを発見しますが、当時の担当医が癌の可能性を五分五分と判断。

再検査時の担当医も癌である可能性を却下。

小林麻央さん自身も癌の可能性を疑わなかったため、早期対応が遅れ、結果取り返しのつかない事になってしまいます。

矢方美紀さんの場合、リンパ節に転移はしていたものの、リンパ節切除という手術を受けています。

若い人は細胞分裂の速度も速く、癌の進行も早いと言いますが、それでも恐らくはステージⅡ以上であることがわかります。

ステージ0及び、ステージⅠの段階でのリンパ節転移は無いからです。

ただ、報道によると、去年12月から治療に至るまでの進展も早く、現在の経過は良好であると思えます。

術後の痛みはあるようですが、本人も話しているように、リハビリを頑張り、1日も早い復帰を願っています。

スポンサーリンク

Be the first to comment on "【元SKE48】矢方美紀と指原莉乃は同郷!?卒業後は服屋店員!?病名は乳癌!?手術後の現在は!?"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*