【死去】落語家・月亭可朝の破門とストーカーとは!?選挙時の公約は!?田村に酷似!?

alt="月亭可朝"

こんにちは、ショコラです。

今回は、月亭可朝さんを取り上げます。

alt="月亭可朝"

上方落語会の無頼派として知られていた月亭可朝さんが先月、死去していたことがわかりました。

去年から病気療養中だった同氏は、3月28日の午前3時28分に入院先である兵庫県内の病院で息を引き取りました。

享年80歳です。

今回は、そんな月亭可朝さんを偲びつつ、同氏の来歴やエピソードについて調べました。

スポンサーリンク

 

『落語家を志すも破門!?選挙時に掲げた公約とは!?』

月亭可朝(つきてい かちょう)さんは、本名を鈴木傑(すずき まさる)さんと言い、1938年3月10日生まれで神奈川県横浜市出身です。

大学入試に失敗し、3代目林家染丸さんに入門することで、落語の道へと進みます。

林家染奴の高座名を与えられ、1959年に大阪千日劇場で初舞台を踏むも、破門されてしまいます。

入門からわずか2年ほどでの破門ですが、詳しい理由は明らかになっていません。

破門を言い渡した当時の師匠・3代目林家染丸さんも、新しい師として3代目桂米朝さんを染奴(可朝)さんに紹介しているので、単純な師弟関係の悪化では無いように思えます。

1961年に3代目桂米朝さんに再入門し、2代目桂小米朝を名乗ります。

当時吉本興業に所属していた小米朝(可朝)さんですが、事務所の社長の意向により改名を余儀なくされます。

理由は自社の落語家の名前に「小」が付いているのが気に入らないといったものでした。

ただ、実際に米朝さんの存在により、名前から「小」だけを外すことが出来ず、尊敬していた8代目三笑亭可楽さんの「可」と3代目桂米朝さんの「朝」を取り、長年途絶えていた桂派の由緒ある亭号である「月亭」を名乗ります。

こうして初代月亭可朝として、1968年4月のなんば花月で襲名披露をします。

この時の襲名披露で「桂小米朝の葬儀会場」を設え、棺桶の中から可朝さんが飛び出すといった奇抜な演出を見せ、以後インパクトの強いキャラクターを押し出していきます。

落語だけでなく、1969年に「歌え!MBSヤングタウン」で自作の歌を使った漫談を披露し、評判を呼びました。

特に話題となったのが「出てきた男」と「嘆きのボイン」で、両方とも1969年にリリースされ、後者は80万枚にも及ぶ大ヒットを記録します。

お笑い芸人が歌のレコードを出す先駆けとも言える存在となりました。

また、1971年には、第9回参議院議員通常選挙に全国区無所属で立候補します。

これにより、当時レギュラーだった「新婚さんいらっしゃい!」などの番組を降板して、選挙に臨みますが結果は落選。

この時掲げていた公約が「一夫多妻制確立と、風呂屋の男湯と女湯の仕切りを外す」でしたが、落選の理由も頷ける気がします。

結局、この公約は実現には至りませんでしたが、2001年に第19回参議院議員通常選挙に自由連合公認で比例代表区から立候補します。

しかし、こちらも落選。

政治活動はパッとしませんでしたが、公約のインパクトばかりが後世にまで残っているというのは、お笑い界としてはある意味成果を挙げたとも言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

『田村に似てる!?ストーカー事件とは!?』

月亭可朝さんと言えば、名前を聞いただけで笑いを生むと言われたほど、破天荒な振る舞いが話題となりました。

無類の博打好きで、1979年に野球賭博で逮捕され、謹慎処分となります。

また、2008年には、元交際相手の女性に対するストーカー行為により逮捕されています。

この時可朝さんは、いわゆるW不倫状態であり、交際相手の愛人女性が別の男と関係を持ったことに腹を立て、度重なる電話や女性の職場へ不倫を暴露する内容の手紙を送付するなどをし、ストーカー規制法違反に問われました。

結局、可朝さんは罰金30万円を支払い、釈放後にマスコミに囲み取材を受けますが、この時に自身の持ち歌「嘆きのボイン」の替え歌で逮捕時の経緯を歌い、さらなるバッシングを受けます。

しかし、その後も事件をネタにし、さらに件の女性とも復縁し、交際を続けたそうです。

まさに破天荒を体現したと言っても過言ではないでしょう。

ちなみに、月亭可朝さんが、千葉ロッテマリーンズの田村龍弘(たむら たつひろ)さんに似ているという声も挙がっていますが、いかがなものでしょう。

alt="月亭可朝"

alt="田村龍弘"

約60歳もの歳の差がある為、比べるのも難儀な話ですが、言われると口元とか特に似ている気はしますね。

田村龍弘さんが丸眼鏡にカンカン帽を被ったらあるいはもっと寄せることが出来るかもしれません。

 

そんな破天荒なイメージが先行しがちな月亭可朝さんですが、本格派古典落語の演じ手であり、米朝師匠の流れを汲む魅力があふれていました。

破天荒さの中に、落語家としての矜持を持ち続けて高座に上り続けた月亭可朝さんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

Be the first to comment on "【死去】落語家・月亭可朝の破門とストーカーとは!?選挙時の公約は!?田村に酷似!?"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*