【アナウンサー】有働由美子の失言とは!?あさイチお休みは退社の予兆!?結婚は!?

alt="有働由美子"

こんにちは、ショコラです。

今回は、有働由美子さんを取り上げます。

alt="有働由美子"

1991年の入社からNHKアナウンサーとして活動していた有働由美子さんが今年3月31日付で同局を退社。

その前日の3月30日に朝の情報番組「あさイチ」を卒業したばかりでの退社に世間も注目しています。

今後の方向性についてもコメントを残している有働由美子さんについて、調べました。

スポンサーリンク

 

『アナウンサー歴や結婚歴は!?』

有働由美子(うどう ゆみこ)さんは、1969年3月22日生まれの現在49歳。

熊本県出身の両親のもと、鹿児島県で産まれ、大阪府立北野高等学校を経て、神戸女学院大学文学部総合文化学科を卒業後、1991年にNHKに入社します。

そもそも、アナウンサーになるきっかけとなったのは、大学生時代に勃発した湾岸戦争でした。

戦況を伝える世界中のテレビ特派員を見て、そのジャーナリズムへの憧れがアナウンサーへの道を示しました。

NHK以外のテレビ局からも内定は出ていましたが、NHKを選んだのは海外へのパイプを多く持ち、英語を生かせる環境に恵まれていると踏んだからだと言います。

当初はスポーツ担当として活動を始めますが、鹿児島出身で大阪・兵庫育ちの為か、発音やアクセントについて先輩や視聴者からダメ出しが多く飛び、進路に悩む時期もありました。

しかし、周りに支えられながら大阪で研鑽を積み、入局4年目から「NHKニュースおはよう日本」を皮切りに、東京での担当を持つようになります。

その後も、「サタデースポーツ」や「NHKニュース10」などでキャスターを務め、オリンピック中継も任されるようになります。

2006年4月からスポーツ・報道の現場を離れ、小川浩司アナと共に「スタジオパークからこんにちは」の司会を務めます。

翌2007年6月からニューヨークのアメリカ総局へ異動し、滞在中の2008年6月16日に管理職へ昇格します。

帰国後の2010年3月29日から、V6の井ノ原快彦さんとジャーナリストの柳澤秀夫さんらとともに、朝の情報番組「あさイチ」で、番組の進行を務めます。

この「あさイチ」が良くも悪くも有働由美子アナの名前を一躍有名にしたと言っても過言ではないでしょう。

というのも、番組の進行担当でありながら、失言の多さに視聴者から苦情が寄せられたことが多々あったからです。

特に反響の大きかったもののひとつとして、2016年7月15日配信の「スポニチアネックス」では、当時の失言の影響を以下のように報じています。

 

NHKの有働由美子アナウンサー(47)が15日、同局「あさイチ」(月~金曜前8:15)に生出演。

披露した下ネタについて視聴者から非難を受け、共演の「V6」井ノ原快彦(40)とともに謝罪する場面があった。

この日は、歌舞伎俳優の尾上松也(31)をゲストに迎えトークを展開。

「あー、やっちゃった」と題した失敗談として、松也に続き有働アナも「やらかした」経験を明かした。

ゴルフの打ちっぱなしのデート。

当日はお腹の調子が悪かったといい「ピーピーだったけど、キャンセルもできないし」と注意をしながら球を打ち続けたという。

それでも、打ち終わってトイレに入った瞬間に粗相。

高級な下着を着けていたこともあり「洗ってもう一度はくか、ジメジメするか…と悩んだことがある」とぶっちゃけた。

この衝撃の告白に、松也は「あさイチで話していいの?」と驚き、井ノ原も「そこまで(言って)とは言ってない」と苦笑いする始末だった。

当然、番組の終わりには視聴者からお叱りの声が。

届いたファクスには「朝からする話ではない。レッドカード」「リアルすぎて聞きたくもない。ゲストに失礼」の言葉が並んだ。

平謝りする有働アナに井ノ原は「僕も(有働アナに)話を振っちゃったから。サービス精神がある人って、その上をいかないとって思っちゃうから。私からも謝らせていただきます」とフォロー。

有働アナも「恥をかいた上に怒られてしまった」と反省した様子で、最後は2人で頭を下げていた。

 

他にも、年賀状に家族写真を使うことに対して否定的な発言をして波紋を呼びました。

 

井ノ原「学生の時に彼氏を取られた人から“私たち結婚しました”みたいな(年賀状がきたら)」

有働「それは嫌だ! でも、相手の人がブサイクだった時に、“ああよかった、ざまあみろ”みたいな。そういう喜びはありますよね(笑い)」

2016年10月29日「NEWSポストセブン」

有働アナ自身も失言の多さを自覚しており、同じく番組進行の井ノ原さんにもフォローしてもらう場面が多々見受けられました。

ちなみに、有働アナは2000年頃に当時横浜ベイスターズの石井琢朗選手との交際が噂されており、破局してしまいますが、その後も実業家とのデートが目撃されたりと、結婚への兆しは見え隠れしていました。

しかし、結局結婚には至らず、現在もスポーツ紙でのインタビューで、有働アナ自身が結婚について否定しています。

スポンサーリンク

 

 

『退社理由は、あさイチでのお休みに関係が!?』

そんな有働由美子アナですが、2017年11月9日の「あさイチ」をお休みしています。

代理として雨宮萌果アナが番組の進行を務めますが、そのお休みの理由が急性上気道炎でした。

「あさイチ」のお休みはその日だけで、すぐに番組復帰を果たしますが、番組最終日の3月30日には声が出にくくなっており、その後本日4月4日まで入院していたと言います。

2018年4月4日配信の「デイリースポーツ」では、以下のように報じています。

 

「31日付で退職させていただきました」とFAXを通じて報告した有働アナは、「今後、有働由美子という一ジャーナリストとしてNHKの番組に参加できるよう精進してまいります」と前向きにコメントした。

定年まで勤め上げる意向だったが、「海外での現場取材や興味ある分野の勉強を自分のぺースで時間をかけてしたい」という思いが捨てきれず、局を離れることを決意したという。

デイリースポーツの取材に「結婚はないです」と寿退局は否定した。

有働アナはV6の井ノ原快彦(41)と8年間タッグを組んだ「あさイチ」を3月30日に卒業したばかり。

「新たなスタートを切る『あさイチ』の門出を邪魔したくなく、ご報告が遅れました」と愛着ある番組を気遣った。

最後の出演ではガラガラ声も話題になり、前日の飲み会の影響としていた。ただ、この日まで「気管支炎でプチ入院していました」と明かしており、長年たまっていた疲れが出た可能性もある。

 

この喉の不調が、NHK対局の原因ではないかとも考えられますが、有働アナ自身が管理職の立場では好きな仕事ができないからというのが一番の退職理由だと明かしています。

アナウンサーの資本でもある喉の調子については懸念が拭えませんが、現在芸能事務所に所属していない有働アナの今後の動向に注目が集まりそうです。

スポンサーリンク

 

Be the first to comment on "【アナウンサー】有働由美子の失言とは!?あさイチお休みは退社の予兆!?結婚は!?"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*