【死去】田宮榮一の警察官時代から現在まで!!名言語録とは!?

alt="田宮榮一"

こんにちは、ショコラです。

今回は、田宮榮一さんを取り上げます。

alt="田宮榮一"

警察官としてのキャリアを積み、その経験を活かし、各メディアでのコメンテーターとしても活躍していた田宮榮一さんが、死去していたことがわかりました。

現役時代も数多くの事件に関わり、辣腕を奮っていました。

そんな田宮榮一さんについて、調べました。

スポンサーリンク

 

『高校や大学は!?現在までの来歴』

田宮榮一(たみや えいいち)さんは、1932年10月16日生まれで、日本統治時代の台湾出身です。

日清戦争後、下関条約により1895年から台湾が清朝(中国)から日本に割譲され、第二次世界大戦終戦の1945年に台湾が中華民国へ編入されるまでの間が日本統治時代の台湾です。

その後、田宮さんは山形県西村山郡河北町で育ち、山形県立谷地高等学校卒業後、中央大学法学部へ進みます。

警察官としての活躍は、1952年の警視庁巡査から始まります。

成城警察署長、刑事部捜査共助課長、刑事部鑑識課長、捜査第一課長、新宿警察署長、刑事部刑事総務課長、刑事部参事官、警視庁警察学校長、警ら部長などを歴任しています。

また、警視庁刑事部捜査第一課長経験者として珍しい生え抜き刑事であることも驚きでです。

現職刑事の経験長かったこともあり、現在のメディアを通しての知名度につながっています。

警察官退職後は、ヤマト運輸に入社し、顧客サービス部付、常務取締役、専務取締役兼経営企画本部長、代表取締役専務、常勤顧問、ヤマトコレクトサービス株式会社会長を、1999年の退任まで歴任し務めます。

その後、株式会社警察研修社取締役会長、財団法人犯罪被害者救済基金理事、警察政策学会管理運営部会会員などを務め、コメンテーターとしても活躍します。

退官してもなお現在までメディアを通して活躍されている姿は視聴者にとっても馴染み深いものでしょう。

メディア出演だけでなく、2001年以後、事件や捜査関連の書籍を出版しており、過去の経験や未解決事件を現在に伝えています。

スポンサーリンク

 

『田宮榮一氏の名言語録!?』

今回の訃報は、2018年2月16日に田宮榮一さんが転移性肺がんの為死去したという内容です。

2018年2月27日配信の「日テレNEWS24」では、以下のように報じています。

 

警視庁で、たたきあげの刑事から捜査一課長や警ら部長などを歴任した田宮榮一さんは、退官後、日本テレビのニュース番組などで捜査のプロの目線で様々な事件をわかりやすく解説し、親しまれた。

田宮榮一さん(2006年)

「ここら辺で(子どもが)落ちたのではという川っぷちを見てきましたけど、こんな所に何で女の子が一人で遊びにくるのかという点が疑問です。同一犯人による仕業の可能性も捨てきれない」

田宮さんは去年11月に体調を崩して入院し、今月16日に容体が急変。

転移性肺がんのため亡くなったという。

85歳だった。

葬儀は近親者のみで26日に執り行われ、「送る会」が4月7日に東京・世田谷区で開かれるという。

 

自身の豊富な経験を活かし、晩年はコメンテーターとして活躍していた田宮榮一さん。

そんな田宮さんの名言語録なるものが、ひそかに話題を呼んでいます。

ここで、田宮榮一名言語録を紐解いてみましょう。

まずは、2008年11月に発生した元厚生事務次官宅連続襲撃事件について、

「2件の犯行は同一グループによる複数犯か、現場間の距離や犯行時間を考えると、同一人物であることも十分に考えられる」(2008年11月9日「産経新聞」)

とコメントしています。

そして、2009年1月の中央大学教授刺〇事件では、

「内部、もしくは外部の者の犯行」「犯人は男性といわれているが、女性である可能性も否定できない」(2010年5月日「週刊朝日」)

と予想。

ご覧の通り、「名言」ならぬ「迷言」語録となっていると、一部では話題になりますが、当の田宮さんはこれについて、視聴者への偏見や先入観を排除するための発言としています。

つまり、メディアを通してより犯人像を絞り込む発言をすると、それによって視聴者に与える影響、すなわち犯人像が偏ってしまい、結果正確な情報が得られない可能性が増えるため、それを阻止する措置というわけです。

しかし、ネット上では田宮さんの名言語録として取りざたされ、良くも悪くも注目を集める結果となりました。

中には、この好い加減さに好意的な姿勢を示しているコラムニストの丸山タケシさんのような方もいるほどです。

現役警察官時代から、現在に至るまで、世のため人のために全力を注いできた田宮榮一さんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

 

 

Be the first to comment on "【死去】田宮榮一の警察官時代から現在まで!!名言語録とは!?"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*