【TK】小室哲也の結婚歴と華原朋美との関係は!?不倫相手は看護師!?KEIKOと離婚か!?

alt="小室哲哉"

こんにちは、ショコラです。

今回は、小室哲哉さんを取り上げます。

alt="小室哲哉"

先日報道された不倫疑惑によって注目を集めている音楽プロデューサーの小室哲哉さんが、本日1月19日、都内で会見を開きました。

会見では、自身の進退や、妻・KEIKOとの離婚の是非について問われました。

そんな、小室哲哉さんについて、調べました。

スポンサーリンク

 

『TKの結婚歴や華原朋美との関係は!?』

小室哲也(こむろ てつや)さんは、1958年11月27日生まれの現在59歳。

東京都府中市出身で、幼少期から音楽に親しみ、早稲田大学社会科学部在籍中にプロミュージシャンとしての活動を始めます。

結局、5年ほど在籍した大学は除籍となりますが、1984年にTM NETWORKを結成し、自身も同グループのリーダーとして活動しつつ、渡辺美里さんや荻野目洋子さんなど、名だたるアーティストに楽曲を提供します。

ミュージシャンであり、作曲家でもある小室哲哉さんを語る上で、1995年にデビューしたglobeの存在は欠かせないでしょう。

小室哲也さんをはじめ、ラップ担当のマーク・パンサーさん、リードヴォーカルのKEIKOさんから構成される同グループは結成当初から話題が集まりました。

出す曲のほとんどがオリコン上位を記録し、多くのファンを魅了してきました。

そんな中、2002年11月22日に、小室哲哉さんとKEIKOさんが結婚。

おめでたい話ではありますが、この結婚の裏では同年3月にスピード離婚したASAMIさんとの慰謝料問題など、受難が相次ぎました。

ここで一度小室哲哉さんの結婚歴について見てみます。

まず、1988年に小室哲哉さんは、元アイドル歌手の大谷香奈子さんと結婚します。

alt="大谷香奈子"

大谷香奈子さんは、1966年8月24日生まれの現在51歳で、1984年にアイドルデュオ「キララとウララ」のキララとしてデビューします。

1992年に離婚協議に入り、そのまま離婚しますが、離婚後も小室姓で活動していました。

2000年にはニューワールドプロダクションズ社長の後藤貴之さんと再婚し、現在は後藤香奈子で、芸名は大谷香奈子で活動しています。

 

小室哲哉さんは2001年に歌手のAsamiさんと結婚します。

alt="Asami"

Asamiさんは、1975年3月5日生まれの現在42歳です。

Asamiさんは1998年に小室哲也さんと楽ユニット「TRUE KiSS DESTiNATiON」を結成しており、娘を1人授かります。

しかし、わずか10ヶ月足らずで離婚。

離婚と同時に「TRUE KiSS DESTiNATiON」は解散します。

離婚直後は活動を一時休止していたAsamiさんですが、2005年にソロデビューを果たし、現在も歌手活動を続けています。

 

Asamiさんと離婚して約8ヶ月後の2002年11月にKEIKOさんと結婚します。

alt="Keiko"

KEIKO(山田/小室桂子)

1972年8月18日生(現45歳)

夫である小室哲也さんの逮捕や、自身を襲ったクモ膜下出血による療養と、今回の小室哲哉さん不倫騒動と、多難なKEIKOさんですが、今後の動向が気になるところです。

 

結婚歴とは少し外れますが、ちょうど大谷香奈子さんとの離婚の後、小室哲也さんと華原朋美さんの熱愛が報じれられます。

alt="華原朋美"

小室哲也さんに見出されて、歌手として大成したと言っても過言ではない程、華原朋美さんも小室哲也さんに並々ならぬ想いを抱いていたことは想像に難くありません。

交際期間については諸説ありますが、1994年から1998年頃ではないかと言われています。

破局の原因は性格の不一致が挙げられます。

女性に引っ張っていってもらいたいと願う小室哲也さんに対し、甘えたがりの華原朋美さんの性格は合わなかったのでしょう。

失恋のショックから、睡眠薬を多量摂取して病院に運ばれるほど、華原朋美さんの受けたショックは大きかったと言えます。

スポンサーリンク

 

『相手は看護師!?KEIKOと離婚!?』

さて、連日取り上げられている小室哲也さん不倫疑惑ですが、相手は看護師で小室さんの部屋で一夜を共にしたことも明かしました。

2018年1月19日配信の「ORICON NEWS」では、本日1月19日に開かれた記者会見の様子を以下のように報じています。

 

18日発売の『週刊文春』で看護師との不倫疑惑が報じられた音楽プロデューサー・小室哲哉(59)が19日、都内で記者会見を開いた。

一連の騒動の責任をとる形で「僕なりのけじめとして引退を決意しました」と発表。

大勢の報道陣を前に不倫疑惑を釈明し、妻・KEIKO(45)との離婚については否定した。

報道によると、小室は12月中旬にある女性宅に泊まり、1月上旬には都内の高級ホテルで密会。

妻のKEIKOが実家に帰省している1月上旬には自宅に女性を招き、一夜を共にしたという。

同誌の取材に小室は、不倫疑惑について「誤解を招く甘い言動が多々ありました。本当に申し訳ないと思っています」とした上で“男女の関係”を否定。

だが、A子さんと自分の部屋で“一緒に寝た”ことは認めていた。

報道の相手を「仲の良い信頼できる看護師さん」とし「男女の関係ではない、全くありません」ときっぱり。

一方で騒動化したことに対しては陳謝し

「誤解を生じさせて、往々にして男女の関係を想像させる環境もあった。

これを最近、皆さんで使ってらっしゃる言葉で使わせていただきますが『不徳の致すところ』という言葉以外にはありません。

そこは重々承知しています、申し訳ありません」と頭を下げた。

2011年、KEIKOがくも膜下出血になって以来6年、献身的にリハビリを支えてきたが「3年ほどの前から疲れ始めてきたことはあったと思います」と吐露。

療養中の現状については「女性というより、女の子みたいになった。今は小学校4年生くらいの漢字ドリルとかが楽しかったりで、全てではなく一例ですが、そういったレベルのことはあります」と明かした。

離婚の可能性を問われると

「女性というより、女の子の今のKEIKOのほうが愛は深くなっています。僕の頭の中にそういった大人の言葉(離婚)は浮かんでこない。旦那さんという言葉を使ってくれることもあります」と否定し、

「夫婦生活は続く?」という声には「はい」。

今後について「生き方、身の振り方に関してはお時間を頂きたい。そこには、KEIKOのことも含めて考えていきたい」と話した。

 

先述した結婚歴の通り、2002年11月22日にKEIKOさんと結婚。

2008年にKEIKOさんが本格的にソロ活動を開始した同年秋、小室哲也さんが5億円詐欺事件により逮捕。

2011年10月24日、首後部に激痛が走り自宅で倒れ、夫の小室哲也さんが救急車を呼び緊急搬送されます。

この時クモ膜下出血と診断され、幸い脳に障害は無いが自宅療養と通院リハビリに専念するようになります。

同紙の取材で、小室哲哉さんはKEIKOさんの介護に疲れが見えたと発言しています。

しかしその上で離婚の可能性についてはこれを否定。

今回の会見では見受けられなかったKEIKOさんの意思についても、今後の動向に大きく影響が出てくるでしょう。

スポンサーリンク

 

Be the first to comment on "【TK】小室哲也の結婚歴と華原朋美との関係は!?不倫相手は看護師!?KEIKOと離婚か!?"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*