【相撲】池坊保子はスキャンダルで離婚!?原因はペントハウス!?ビートたけしとバトル!?

alt="池坊保子"

こんにちは、ショコラです。

今回は、池坊保子さんを取り上げます。

alt="池坊保子"

元横綱日馬富士の事件により、揺れに揺れ動いている角界で、貴乃花親方の理事解任によって幕引きを迎えようとしています。

そん中注目を集めていつのが、池坊保子さんです。

池坊さんは元政治家で、現在は日本相撲協会評議員会議長などを務めています。

そんな池坊保子さんについて調べました。

スポンサーリンク

 

『ペントハウスはスキャンダル!?→離婚!?』

池坊保子(いけのぼう やすこ)さんは、1942年4月18日生まれの現在75歳。

東京都出身で、その家系は公家である梅渓家にあたり、今上天皇の再従妹というのだから驚きです。

経歴も豪華で、学習院にて初等教育から学び、学習院大学文学部国文学科へ進学します。

しかし、1961年に大学を中退し、1963年に華道池坊家元である池坊専永さんと結婚します。

華道家元の夫人として、池坊お茶の水学院学院長、財団法人池坊華道会理事、学校法人池坊学園理事長を務め、夫を献身的に支えます。

いかにもお堅いイメージですが、結婚から21年後の1984年に講談社の雑誌「ペントハウスジャパン」でセミヌード写真を披露します。

この「ペントハウス」という雑誌は元々1965年にイギリスで創刊されたもので、1969年にアメリカ、そして1983年から日本でも刊行されるようになりました。

現在は休刊していますが、日本に渡来した翌年、池坊保子さん41歳の時にページを彩ります。

ペントハウスでのモデルの12年後、1996年には第41回衆議院議員総選挙に比例近畿ブロック名簿1位で立候補し、衆議院議員に初当選を果たします。

この出馬は、当時の新進党党首・小沢一郎氏の要請によるものでした。

議員としては、文部科学大臣政務官、衆議院文部科学委員長、文部科学副大臣、公明党女性委員会副委員長、衆議院青少年問題に関する特別委員長、財団法人日本漢字能力検知協会理事長などを歴任します。

2012年に政界を引退し、2013年9月に特定非営利活動法人萌木理事長に就任。

そして、2014年1月に日本相撲協会の公益財団法人化に伴い、外部有識者としての評議員委託により評議員会議長に就任します。

家系もさることながら、政界や角界においても辣腕を振るっている池坊保子さんですが、スキャンダルで離婚!?というワードが浮上します。

しかし、離婚はもちろん、スキャンダルと言われる原因が不明です。

恐らく、先述したペントハウスのセミヌードの件がスキャンダルではないかと思われます。

1984年という時代と、名家出身で華道家元と結婚し、子供もいた池坊保子さんがペントハウスでセミヌードを披露したというのはかなりセンセーショナルな話題だったと思います。

その一件に尾ひれが付いてスキャンダルと言われたのではないでしょうか。

さらに、池坊保子さんは離婚もしていないようです。

現在も「池坊」姓を名乗っており、もし離婚していたとしたら、マスコミが放ってはおかないでしょう。

つまり、池坊保子さんはスキャンダルも無く、離婚もしていないという線が濃厚です。

スポンサーリンク

 

『相撲談議でビートたけしを怒らせる!?』

先述したように、池坊保子さんは2014年1月から日本相撲協会評議員会議長として協会の運営に携わっています。

これまでにも様々な問題を露見してきた角界ですが、今回の日馬富士及び貴ノ岩の一件により、池坊保子さんも表立って注目を集めることになります。

本件は貴乃花親方の理事解任を以ってようやく収束に向かおうとしております。

2018年1月4日配信の「朝日新聞DIGITAL」では池坊保子議長の記者会見でのコメントを報じています。

 

「厳粛に受け止め、真摯(しんし)に反省し、協力しあい、礼をもって行動してほしい」と貴乃花親方に呼びかけた。

解任を議決した評議員4人のうち1人は貴乃花一門の親方出身の評議員だが、全員が理事会の解任提案に賛成した。

池坊議長は、貴乃花親方が弟子の貴ノ岩への聴取を拒否し続けたことなどについて、「巡業部長という重い地位についている。自分の部屋の力士だろうが、分け隔てなく対応しなければいけなかった」。

また、八角理事長からの電話に応答しなかったと指摘し、「著しく礼を欠いている」と述べた。

評議員会は理事会の運営を監視する立場にあり、会見では、協会が事件を覚知した後の昨年11月11日の理事会で議題としなかったことについて質問が出た。

池坊議長は、鳥取県警と協会の間で場所後に捜査に協力するとの合意がなされていたなどとして、「隠蔽(いんぺい)という意味でなく、判断は大変難しかったと思う」と批判はしなかった。

 

池坊保子さんは去年末にテレビ朝日系「ビートたけしのTVタックル」に出演。

番組ではビートたけしさんや大竹まことさんと激論を繰り広げました。

特に、ビートたけしさんは池坊保子さんら協会の体制を強く批判し、池坊保子さんも負けじと食らいつきます。

具体的には、日本相撲協会のルールとして、

「巡業部長である貴乃花親方は秋巡業中に起こった力士間のトラブルを協会に報告しなかったのが問題。」

とある中、ビートたけしさんは、

「細かないざこざ程度なら報告も必要だろうが、明らかな犯罪行為をわざわざ協会に報告するのはおかしい。」

と声を荒げます。

これには、視聴者も「ビートたけしさんが怒っているのは珍しい」などといった声が挙がります。

協会の対応やそれ以前から問題の多い角界に疑問を投げかける人も少なくないでしょう。

池坊保子さんや八角理事長を始め、日本相撲協会及び角界の今後にも注目です。

スポンサーリンク

Be the first to comment on "【相撲】池坊保子はスキャンダルで離婚!?原因はペントハウス!?ビートたけしとバトル!?"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*