【結婚】ウォーターボーイズヒロイン・宮地真緒、彼氏とのフライデーやフラッシュ報道を経てプロポーズ!?

alt="宮地真緒"

こんにちは、ショコラです。

今回は、宮地真緒さんを取り上げます。

alt="宮地真緒"

女優として、テレビドラマ、映画、舞台などで活躍中の宮地真緒さん。

山口百恵さんのヒット曲をカバーし、歌手としての活動経験もあり、またそのルックスを活かし、数多くのグラビアでも注目を集めました。

そんな宮地真央さんが入籍を発表しました。

お相手は7歳上の一般人男性で、交際期間は14年にもおよびます。

そこで、結婚相手との馴れ初めに触れつつ、宮地真緒さんについて調べました。

スポンサーリンク

 

『ウォーターボーイズのヒロイン役』

宮地真緒(みやち まお)さんは、1984年2月2日生まれの現在33歳。

兵庫県出身で、高校時代に芸能界入りします。

デビュー当初は、週刊青年漫画雑誌の表紙や巻頭を飾ったり、フジテレビビジュアルクイーン・オブ・ザ・イヤー2001に選出されるなど、モデルやグラビアの活動をします。

2002年に第27代旭化成キャンペーンモデルに選ばれ、同年NHK連続テレビ小説「まんてん」のヒロインに1916人のオーディションを勝ち抜き抜擢。

同ドラマにて初主演を務め、これにより、宮地真緒さんの知名度が全国区となります。

2003年には山口百恵さんの「秋桜(コスモス)/夢先案内人」をカバーし、オリコン初登場23位を記録します。

以降、舞台、映画、ドラマ、テレビCM等、幅広く活躍する宮地真緒さん。

先述した歌手活動の時期に放送されたフジテレビ系ドラマ「ウォーターボーイズ」において、ヒロインの大西麻子役を演じたことでも有名です。

alt="宮地真緒(WATER BOYS)"

ドラマ自体も、妻夫木聡さん主演で2001年に公開された映画を元に制作されたもので、正しくは、映画版が「ウォーターボーイズ」で、ドラマ版が「WATER BOYS」です。

ちなみに、映画版「ウォーターボーイズ」のヒロインは、平山あやさんでした。

alt="平山あや(ウォーターボーイズ)"

ドラマだけでなく、映画や舞台においても主演を務めることが多々あり、実力派女優のひとりとして活躍中です。

スポンサーリンク

 

『プロポーズ→結婚!!彼氏とのフライデーやフラッシュ報道を経て』

さて、今回報道にあった入籍についてですが、結婚相手の一般人男性とは今年夏に放送された日本テレビ系24時間テレビ内の「有吉反省会スペシャル」にて宮地さんにプロポーズした方です。

宮地さんはプロポーズを快諾。

番組では、一般人の為後姿しか放送されておらず、顔や雰囲気については不明ですが、有吉さんいわく、「2軍のJリーガーの様」とのこと。

ふたりの馴れ初めは、2003年にドラマの共演者による紹介で知り合ったそうです。

同年夏に交際を開始しますが、翌2004年2月13日発売のフライデーによって交際を報じられます。

宮地さんは当時交際関係を否定し、仲の良い友人と話しています。

その後2007年にも再度交際が今度はフラッシュによって報じられます。

しかしこの時は、事務所側も交際を認めているといったコメントを残しています。

そして、今年8月に彼氏からのプロポーズに、宮地さんがこれを快諾。

11月23日入籍となります。

2017年11月23日配信の「ORICON NEWS」では、宮地さんのコメントを取り上げています。

 

女優の宮地真緒(33)が23日、14年間交際していた7歳上の一般男性と結婚した。

所属事務所が書面を通じて発表した。

書面で「私事ではございますが、私、宮地真緒は本日、11月23日、14年間お付き合いしてきた彼と入籍いたしました事をご報告させていただきます」と報告。

「14という長い時間を共にする中で、彼は私の一部で、必要不可欠になりました。私の青春は彼と共にあり、一生ものの恋になりました」と思いをつづった。

「病める時も、健やかなる時も支え合い、励まし合える笑いのたえない家庭にしたいと思います」と誓い、

今後に向けて「女優業もより一層精進していく所存ですので、ご支援賜りますよう、宜しくお願い致します」と決意を込めた。

 

昨今、不倫や浮気、離婚など、なにかと後ろ向きな報道の多い芸能界において、14年間もの間一途に愛を育んできた宮地真緒さんと彼氏、もとい旦那さんには、幸せな家庭を築いてほしいと願います。

スポンサーリンク

Be the first to comment on "【結婚】ウォーターボーイズヒロイン・宮地真緒、彼氏とのフライデーやフラッシュ報道を経てプロポーズ!?"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*