【引退!?】井岡一翔の戦績は「弱い」相手との試合が理由!?家族と谷村奈南との関係は!?

alt="井岡一翔"

こんにちは、ショコラです。

今回は、井岡一翔さんを取り上げます。

alt="井岡一翔"

これまでに数々のタイトルを獲得してきたプロボクサーの井岡一翔さんが、保持していた王座を返上したことが取りざたされています。

この王座返上が「引退」に繋がるのではないかとも言われており、今注目を集めています。

そんな井岡一翔さんについて調べました。

スポンサーリンク

 

『常勝の試合結果は弱い相手のおかげ!?』

井岡一翔(いおか かずと)さんは、1989年3月24日生まれの現在28歳。

大阪府堺市出身で、中学1年次にグリーンツダジムでボクシングを始め、中学3年になると、叔父である井岡弘樹さんが設立した井岡ジムへ移籍します。

アマチュア時代からすでにインターハイや国体等で優勝するほどの実力を示し、史上3人目となる高校6冠を達成しています。

プロ入りは、2009年1月18日、進学した東京農業大学を2年の途中で中退し、プロテストに合格。

同年4月12日に大阪府立体育館第1競技場でプロデビュー戦を3R26秒TKO勝利で飾ります。

試合において、特にプロ転向後に関してはほぼ負け知らずの戦いを見せており、デビュー戦の2009年4月12にちから2017年4月23日の防衛戦を通して、22戦21勝(13KO)1敗という結果です。

ちなみに、この1敗は、2014年5月7日の試合で、対戦相手はタイのアムナット・ルエンロンで、12R判定1-2で敗北を喫しています。

この試合はIBF世界フライ級タイトルマッチで、井岡さんは世界最速プロ15戦目での3階級制覇に失敗してしまいます。

一部では、「井岡選手は弱い選手しか相手にしない」「強い選手との対戦を避けている」という声も挙がっていました。

そういう声が挙がっている原因のひとつが、2012年12月31日に行われた試合です。

メキシコのホセ・アルフレド・ロドリゲスとの試合はWBA世界ライトフライ級王座決定戦でした。

井岡さんはこの試合を6R2:50TKOで勝利していますが、実はこのタイトルにはローマン・ゴンザレスという選手が王座に君臨していました。

しかし、ローマン・ゴンザレスがスーパーチャンピオンに認定され、空いた王座の席を井岡さんはホセと争う形になりました。

無事に王座を獲得した井岡さんですが、当然ローマン・ゴンザレスとの対戦カードも用意されていました。

ここで井岡選手がローマン選手に勝てば、真の意味でのWBA世界ライトフライ級王座、そして同時にスーパーチャンピオンを負かした真のチャンピオンとなるはずでした。

しかし、プロモーターである井岡一法さんがこの対戦を延期となります。

一部ではお金を払って対戦を取り下げたとも言われていますが、真相は定かではありません。

捉え方によっては、井岡選手が弱い対戦相手としか闘わないと思われてもおかしくない状況ですが、それでも22戦21勝の記録は、やはり井岡さん自身の強さの証ではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

『引退の原因は谷村奈南!?』

そんな井岡選手がまさかの王座返上です。

2017年11月9日配信の「スポニチアネックス」では以下のように報じています。

 

プロボクシングのWBA世界フライ級王者、井岡一翔(28=井岡)、世界王座を返上した。

同ジム会長で父の井岡一法氏が9日、大阪市内の所属ジムで会見。

「試合への準備が間に合えへんということで。(次は)指名試合で、相手を待たすわけにもいかないし。いったん返上しようということになった。WBAフライ級のベルト返上です」と明言した。

井岡は2011年から昨年まで6年連続で大みそかに試合を行ってきた。同会長によると今年もそのつもりで夏以降、一翔とジムとで話し合ってきたが、準備不足という結論に達した。

また「本人が身を引くというなら、ちゃんと引退式もやる。二つに一つ」と最悪の場合、このまま引退という可能性にも触れた。

一方で「スイッチが入れば、彼のことだからすぐにできる」と期待も寄せた。

一翔は4月23日にノクノイ・シットプラサート(タイ)に判定勝ちして5度目の防衛に成功してから試合をしていない。

5月には歌手でタレントの谷村奈南と結婚。

WBAからは同級1位のウクライナ選手と指名試合の交渉を行うよう勧告されていた。

同会長は、結婚後に一翔が新居を東京に構えた、「東京と(所属ジムがある)大阪と行ったり来たりとなった」と近況も説明した。

 

会長の口から引退の可能性を示唆したところを見ると、その可能性は大いにあるとみて間違いないでしょう。

また、同紙でも取り上げられている谷村奈南さんについて、ふたりの結婚を井岡選手の父親が快く思っていない為、軋轢が生じてるという声も出ています。

結局のところ、引退か続行かは井岡一翔さん本人の意思次第という事になりそうです。

今後の動向に注目です。

スポンサーリンク

Be the first to comment on "【引退!?】井岡一翔の戦績は「弱い」相手との試合が理由!?家族と谷村奈南との関係は!?"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*