【死去→通夜】篠沢秀夫教授の子供は!?ALSという病気の現在!?

alt="篠沢秀夫"

こんにちは、ショコラです。

今回は、篠沢秀夫さんを取り上げます。

alt="篠沢秀夫"

学習院大学名誉教授で、フランス文学者でもある篠沢秀夫さんが、10月26日に死去され、本日11月6日に東京は護国寺にてお通夜が執り行われました。

TBS系クイズ番組「クイズダービー」での活躍も記憶に新しい、そんな篠沢秀夫さんについて、調べました。

スポンサーリンク

 

『子供の現在は!?』

篠沢秀夫(しのざわ ひでお)さんは、1933年6月6日生まれで、享年84歳です。

生まれは、東京都中央区の銀座界隈で、1948年にアテネフランセにてフランス語を学びます。

東京都立日比谷高等学校を経て、1957年3月に学習院大学文学部フランス文学科を卒業します。

その後、1959年3月に東京大学大学院人文科学研究科仏語仏文学専門課程修士課程を修了し、フランス政府給費留学生として1961年までフランスはパリ大学で学びます。

帰国後、学習院大学文学部非常勤講師、明治大学法学部専任講師、明治大学法学部助教授、明治大学法学部教授、学習院大学文学部フランス文学科教授と歴任し、2004年に学習院大学を定年退職。

同年、同大学名誉教授に就任します。

学術関係だけでなく、先述したTBS系クイズ番組「クイズダービー」のレギュラー解答者として、1977年10月8日の第92回から、1988年7月30日の第651回までの11年間出演しました。

番組内でも「教授」と呼ばれ、篠沢秀夫教授は一躍有名人の仲間入りを果たします。

また、同番組での人気も手伝い、1986年秋公開のアニメ映画「扉を開けて」において大学教授役の声優としても抜擢されます。

クイズ番組以外にも、日本テレビ系「THE・サンデー」やフジテレビ系「森田一義アワー 笑っていいとも!」などのバラエティ番組へも出演し、テレビCMからもオファーが来る人気ぶりを見せます。

プライベートにおていは、1965年、篠沢教授32歳の頃に礼子さんという方と結婚しています。

ふたりの間には娘と息子、ふたりの子供がいます。

2017年10月26日配信の「朝日新聞DIGITAL」では以下のような記事を挙げています。

 

フランス留学中の62年、自動車事故を起こして先妻を失った。

さらに帰国して13年後の75年、長男が部活動の合宿中に海でおぼれて亡くなった。15歳だった。

クイズダービーに出たのはそれから約2年後だった。

妻礼子(れいこ)さん(73)との間に、長女茜(あかね)さん(37)が生まれて1年。

ようやく気持ちをもち直したころだ。

 

同紙で取り上げられている1975年に死去した長男は篠沢秀夫教授と前妻との間にできた子供で、教授は不幸にも先妻と長男を失っています。

その後、礼子さんとの間に長女である茜さんが誕生します。

また、2011年6月12日配信の「yomiDr.」の記事に息子の存在も確認できます。

 

人工呼吸器をつけた夫を自宅で介護するにあたって、不安だったのは、たんの吸引です。

自力でたんを出せないので、四六時中見守り、細い管で取り除かなければなりません。

怖くて正直に「自信がありません」と言った私に、主治医が「それは愛です、愛です、愛です」と繰り返しました。

病院に泊まり込んで看護の様子を見ました。

娘や息子も吸引の練習をして、7月に家に戻りました。

 

1962年に先妻を失い、1975年に長男を失い、その後礼子さんとの間に長女・茜さんが産まれ、2011年の記事で息子の存在が確認されます。

この時点で息子も礼子さんや茜さんと吸引の練習をしたことから、ある程度の年齢であると考えられます。

スポンサーリンク

 

『ALSという病気について』

本日、2017年11月6日に、篠沢秀夫教授のお通夜が執り行われました。

2017年11月6日配信の「デイリースポーツ」ではその様子を以下のように報じています。

 

妻の礼子さんは喪主あいさつで、「いつもこの写真(遺影)のようにニコニコとしていて、私にも怒ることはなく、本当に神様のようでございました」と、笑顔が印象的だった篠沢教授の人柄をしのんだ。

篠沢さんは09年に難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断されたが、闘病しながら執筆、講演活動などを続けていた。

礼子さんは「ALSと診断された時は悲惨な病気とされました。私はどうしたらよいかと絶望的になり、主人に言えませんでした」と、

診断直後の心境を吐露したが、それでも篠沢教授は明るく、優しく礼子さんに接していたという。

車いすで移動するようになっても、毎日のように散歩をし、歴史館やイタリア料理店に赴くなど、「とても元気にしておりました」と礼子さん。

クイズダービーで共演した長山藍子から取った「藍子の木」、竹下景子からの「景子の木」と名付けた木がある公園にも行き、

「夕方からは執筆をしているので1日が忙しいと言っておりました」(礼子さん)と、日々を過ごしていたことが紹介された。

礼子さんは、「(篠沢さんは)本当に病気に負けまいと頑張っておりました。

(中略)

主人を最期まで一生懸命見ていただきました、東大病院のお医者さま、看護師の皆さま、ヘルパーの皆さまに心から感謝し、お礼を申し上げたいと思います。

本日は主人のためにありがとうございました。本当に主人もさぞ喜んでいることと思います」と感謝の言葉で結んだ。

 

教授を襲ったALSとは何なのか?

ALSは、「Amyotrophic Lateral Sclerosis」の略称で、日本語では、筋萎縮性側索硬化症と言われています。

 

人間の手や足、顔など、自分の思いどおりにからだを動かすときに必要な筋肉を随意筋といい、随意筋を支配する神経を運動ニューロンといいます。「ニューロン」というのは「神経細胞」のことです。

運動ニューロンは、歩いたり、物を持ち上げたり、飲み込んだりするなど、いろいろな動作をするときに、脳の命令を筋肉に伝える役目をしています。

この運動ニューロンが侵されると、筋肉を動かそうとする信号が伝わらなくなり、筋肉を動かしにくくなったり、筋肉がやせ細ってきます。ALSはこの運動ニューロンが侵される病気です。

(中略)

ALSでは運動ニューロンは侵されますが、知覚神経や自律神経は侵されないので、五感(視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚)、記憶、知性を司る神経には原則として障害はみられません。

あなたがだれかに皮膚をつねられたとき、痛いと感じ、つねられた手をひっこめるでしょう。

痛いと感じるのは「知覚神経」、手をひっこめるのは「運動ニューロン」の働きです。

ALSになると痛いという感覚はありますが、手をひっこめることができなくなります。

ALSで侵されるのは、随意運動を行う筋肉(随意筋)を支配する運動ニューロンです。

随意運動とは、手を上げるなど自分の思いどおりにからだを動かす働きのことです。

心臓や消化器も筋肉でできていますが、随意筋ではありません。

心臓が動き、胃や腸で食べ物が消化されるのは無意識に自動的に働いており、これを支配しているのが「自律神経」です。

ALSでは自律神経は侵されないので、心臓や消化器の働きには影響がありません。

しかし呼吸は、自律神経と随意筋である呼吸筋の両方が関係するので、ALSで運動ニューロンが侵されると、呼吸筋が次第に弱くなって呼吸が困難になります。

 

ALS疾患啓発委員会による「LIVE TODAY FOR TOMORROW」(http://www.als.gr.jp/public/als_about/about_01.html)参照

 

世界的にも凡例のある難病で、日本においても1974年に特定疾患に認定された指定難病で、国内だけでも約8,300人ほどの患者がいると言われています。

40代から60代に発症が多く、女性よりも男性に多くの事例が挙がっています。

医学の進歩で症状の進行を遅らせることは可能になってきていますが、根治に至る有効な手段は残念ながら現在確立していません。

今後さらに研究が進み、一人でも多くの患者さんの希望に繋がることを願います。

最後に、篠沢秀夫さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

Be the first to comment on "【死去→通夜】篠沢秀夫教授の子供は!?ALSという病気の現在!?"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*