【悲報】熊谷アンドリュー逮捕!?千葉や金沢への移籍の成果と年俸は!?

alt="熊谷アンドリュー"

こんにちは、ショコラです。

今回は、熊谷アンドリューさんを取り上げます。

alt="熊谷アンドリュー"

熊谷アンドリューさんは、ジェフユナイテッド市原・千葉所属のJリーグ選手です。

彼が今回注目されていのは、先日9月27日に暴行容疑で逮捕され、翌28日に処分保留で釈放されたからです。

一体、熊谷さんの身に何があったのでしょうか。

スポンサーリンク

 

『千葉や金沢への移籍の成果と年俸は?』

熊谷(くまがい)アンドリューさんは、1993年6月6日生まれの現在24歳。

スリランカ人の父と日本人の母との間に生まれたハーフです。

横須賀学院の小学校、中学校、高校と進み、サッカーは小学生の頃から横浜F・マリノスの下部組織でプレーしています。

ユース時代から優秀な成績を残してきた熊谷選手。

2008年の「第23回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会」では第3位。

2010年の第34回大会(U-18)でも第3位。

同年「第18回Jリーグユース選手権大会」では優勝を飾ります。

2012年にはトップチームへの昇格を果たします。

その後は期限付き移籍が多くなる熊谷選手。

2014年8月に湘南ベルマーレへ期限付き移籍。

2016年2月1日から2017年1月31日の間、ツエーゲン金沢に期限付き移籍。

2017年1月6日、ジェフユナイテッド市原・千葉に期限付き移籍が発表されます。

度重なる期限付き移籍ですが、特にツエーゲン金沢においては、背番号10を背負い、金沢J2残留に貢献します。

年俸に関しては、トップリーグ昇格の2012年は420万円、翌2013年は500万円。

2014年と2015年は600万円と言われています。

スポンサーリンク

 

『逮捕と保釈』

そんな将来を期待された熊谷アンドリューさんですが、今回突然の逮捕報道、そして処分保留での釈放と相次いで取り上げられました。

2017年9月28日配信の「SOCCER DIGEST Web」では以下のように報じています。

 

17年9月28日、千葉はMF熊谷アンドリュー(24歳)が、9月27日に暴行容疑で警視庁に逮捕されたことを発表した。

事件に関する詳細は不明だが、9月28日には処分保留で釈放されたという。

クラブはホームページ上で以下のように説明している。

当該選手につきましては今後明らかになる事実関係を踏まえ、あらためてクラブとしての対応をお知らせいたします。

また、今後このような事象が二度と起こらないよう、選手やスタッフに対する指導を徹底してまいります。

皆さまにご迷惑とご心配をおかけしましたことを重ねてお詫び申し上げます。

 

【前田英之 代表取締役コメント】

弊クラブ所属選手が警察に逮捕されるという事象が起きたことについて、誠に申し訳なく思っております。

そして、ジェフユナイテッド市原・千葉を支えてくださっておりますファン、サポーター、スポンサー、地域の皆さま、またJリーグを支えてくださるすべての皆さまに、心よりお詫び申し上げます。

 

同紙の通り、事の詳細は現状不明です。

クラブは熊谷選手に事実確認を行った後、改めて処分の方法を決める方針です。

詳しい事情はわからないものの、逮捕が報じられた以上、熊谷選手は当面の間謹慎となり、9月30日開催予定の対京都パープルサンガ戦をはじめ、時期は未定ですが当分は試合に出場しない模様。

逮捕に至った経緯や、保釈の理由については続報を待つしかなさそうです。

スポンサーリンク

 

Be the first to comment on "【悲報】熊谷アンドリュー逮捕!?千葉や金沢への移籍の成果と年俸は!?"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*