【不仲】布川敏和の娘の障害と難病とは!?投資騒動の真相は!?

alt="布川敏和"

こんにちは、ショコラです。

今回は、布川敏和さんを取り上げます。

alt="布川敏和"

「ふっくん」の愛称で知られるシブがき隊の元メンバー布川敏和さんが、昨日放送のフジテレビ系「良かれと思って」に出演し、同じグループで活動していた薬丸裕英さんとの不仲説を語りました。

そんな布川敏和さんについて、調べました。

スポンサーリンク

 

『娘に障害!?難病!?』

布川敏和(ふかわとしかず)さんは、1965年8月4日生まれの現在52歳。

神奈川県川崎市出身で、15歳からジャニーズ事務所に所属し、1981年放送の「2年B組仙八先生」で芸能界デビューします。

1982年に同ドラマで共演した同じジャニーズ事務所所属の薬丸裕英さん(やっくん)、本木雅弘さん(もっくん)とともに、アイドルグループ「シブがき隊」を結成。

シブがき隊としての音楽活動もさることながら、布川さん自身もドラマや映画に多数出演し、グループとしても個人としても注目を集めました。

そんな中、今回の番組出演で実はやっくんこと、薬丸裕英さんとの仲が悪かったと告白。

2017年9月14日配信の「スポーツ報知」では、以下のように取り上げています。

 

布川には世間の声として「男性芸能人の中で、不倫された側は貴重」「昔ヤッくんと仲が悪かったそうですが、仲直りして一緒に出てくれませんか? シブがき隊の3人でテレビに出てほしい」などストレートな意見が紹介された。

(中略)

布川は、薬丸との仲に「ヤッくんと仲が悪いわけじゃないんですよ。性格が合わないんです。でも、最近は仲直りというか、誕生日の日にはLINEでやり取りをする」と告白。

昨年のクリスマスイブには「お一人様ですか?」と薬丸から連絡をもらい、ホームパーティーに誘われたが、岩手県のロケ中で参加出来なかったと明かした。

長女でモデルの布川桃花(23)が同番組のアシスタントを務めていることもあり、2014年6月に離婚した、元妻つちやかおり(53)の話題については、控えめだった。

 

不仲と言うよりは、性格が合わないと語る布川さん。

同紙の記事にもある娘さんが番組のアシスタントを務めているという話ですが、1991年に女優のつちやかおりさんと結婚し、1男2女を授かりました。

布川桃花(ふかわももか)さんは長女で、2012年からモデルとして活動しています。

alt="布川桃花"

布川敏和の娘ということもあり、2世タレントとしての活動は楽なものではないでしょう。

そして布川敏和さんにはもう一人娘がいるのですが、彼女が布川花音(ふかわかのん)といい、実は障害を抱えているという話です。

頭蓋底奇形腫というもので、かなりの難病のようですが、現在は5年にわたる手術の結果、障害の克服に至ったそうです。

2014年に離婚して独り身となった布川敏和さん。

娘たちとの関係は不明ですが、父親の名に押しつぶされないように頑張ってもらいたいですね。

スポンサーリンク

 

『投資騒動』

長男の布川隼汰(ふかわしゅんた)さんは、俳優として活動。

長女の桃花さんはモデル。

次女の花音さんは障害を克服し、息子や娘も順調に活動しており、布川敏和さん自身もシブがき隊解散後もバラエティ番組やドラマの出演で活躍しています。

そんな中、布川敏和さんがある投資団体のイベントに参加し、騒動となりました。

なぜイベントに参加しただけで騒動になったかと言うと、この投資は実は詐欺紛いのもので、布川さん及び俳優の中村雅俊さんが利用されていたという話です。

2017年8月4日配信の「FRIDAYデジタル」では以下のように報じています。

 

客を安心させるためにハデな仕掛けも用意されていた。出資者を募るイベントに有名芸能人を呼んでいたのだ。今年4月16日、お台場で開かれたイベントには、タレントの布川敏和(52)が登場。

(中略)

「ふっくんは『多くの出資者を集めたメンバーにフェラーリなどの豪華景品をプレゼントする』というイベントで司会を務めていた。中村雅俊さんも景品をプレゼントするイベントに登場し、『俺たちの旅』などを熱唱していたのです」(被害者)

はたして彼らは、どのような経緯でイベントに出演したのか。まずは布川を池袋での仕事終わりに直撃すると、

「ボクは会社に来た仕事をやっただけなので……。豪華すぎるプレゼントを見て、こんな世界あんのかな、とは思いましたけど。オレ、悪いことしてるんですかね?」

と回答。一方の中村も、都内の自宅から散歩に出たところを直撃すると、

「フタを開けて見たら投資詐欺かもってことなんで、驚いています。まだ自分の責任が把握できてないので、広告塔にされたのかを見極めてから、今後の対応をしたいと思います」

と答えた。怪しい集団に利用されただけなのかもしれないが、それでも被害者の気持ちを考慮すれば、詐欺騒動に関わった道義的責任は免れないだろう。

 

布川敏和自身による投資ではなく、投資案件の広告塔にされたという事ですが、同紙にもあるように経緯はどうあれ騒動に関与した事実もって、今後どう対応していくのか気になるところです。

スポンサーリンク

Be the first to comment on "【不仲】布川敏和の娘の障害と難病とは!?投資騒動の真相は!?"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*