【改名】椿姫彩菜、現在は姫脱却!?麻雀部部長としての気位は!?

alt="椿彩菜"

こんにちは、ショコラです。

今回は、「椿姫彩菜」改め、椿彩菜さんを取り上げます。

alt="椿彩菜"

男子高出身の女性ファッションモデルであることで、話題となり、バラエティ番組へも数多く出演してきた椿彩菜(つばきあやな)さん。

この度自身のインスタで改名を発表しました。

そんな椿彩菜さんのついて調べました。

スポンサーリンク

 

『椿彩菜の現在』

1984年7月15日、埼玉県川口市出身の現在33歳。

青山学院大学文学部フランス文学科を卒業し、2006年に性別適合手術を受けて戸籍を女性に変更します。

2008年は、菓子ブランドやレッグウェアのプロデュースをする傍ら、自身初の自叙伝「わたし、男子校出身です。」を出版し、ベストセラーとなります。

初のフォトブック「C’est ma vie」も出版し、11月には日本・コロンビア修好100周年記念イベントでコロンビアのイメージガールを務めます。

2009年は著書「椿姫以前」を出版し、ドラマや舞台に出演し、女優としても活躍します。

2012年には初の主演舞台「テネシーワルツ 人類最後のおさかな?…」で座長を務めます。

2014年5月に4年間在籍したホリプロを退社し、フリーを経て現在は平野綾さんや元SKE48の松井玲奈さんも所属するGrickに所属しています。

そして2017年8月29日、自身のインスタで改名を発表します。

同日配信の「シネマトゥデイ」では椿彩菜さんの改名理由を取り上げています。

 

椿はこの日、芸名から「姫」の字を取り「椿彩奈」になったことを報告。

改名の理由について「なかなか変換でも出づらいし姫がついてることに疲れました!」とつづった。

読み方は「つばき あやな」から変わらないといい、「皆様今後ともよろしくお願いいたします♪」と呼びかけている。

 

現在、あまりメディア露出が多くない印象を受ける椿彩菜さんに「消えた」「干された」との声が挙がっていますが、現在でも番組出演はあり、つい先日の8月3日もテレビ東京系の番組に出演しています。

そこで椿彩菜さんは自身の現在について語っています。

2017年8月4日配信の「デイリースポーツ」は以下のように報じています。

 

タレントの椿姫彩菜(33)が8月3日深夜にテレビ東京系で放送された「じっくり聞いタロウ~スター近況報告~」(木曜深夜0:12)に出演し、テレビから消えた現在は“ゲーム廃人”になったと紹介された。

しかし椿姫はゲーム関連の仕事で収入を得ており、MAX月収は「何百万円」と明かした。

椿姫は9年前、大人気だった女性誌「小悪魔ageha」のモデルだった時はテレビに引っ張りだこ。

しかし、現在はゲームに夢中になり「お休みの日は1日20時間ゲームしている」と明かした。

椿姫は「今はゲームのお仕事が多くて年間で120~150本くらいのゲームの仕事。コラム書いて連載持ったりとか、ゲームのイベントとかネット番組がすごくたくさんあるんです」と需要があることを訴えた。

ネプチューン名倉が幾ら収入があるのかを尋ねると、椿姫は「全部課金で消えちゃうんです」と課金制のゲームにはまっているようで、せっかくの収入もゲームに消えてしまうことを述べた。

これまでの最高月収を聞かれ、椿姫は「1カ月びっしりゲームの仕事をやったときは、月に何百万円はいただいた」と明かした。

名倉は「900万円に近いのか100万円に近いのか」と尋ね、椿姫が「もちろん下の方」と返答。

「100か200万?」と聞かれると椿姫はうなずいた。

さらに椿姫は先々月、先月、今月では幾ら?と何度もツッコまれ、「90万円、60万円、70万円くらい」と明かした。

 

好きな事を仕事にして成功したという事でしょうか。

課金で収入が消えてしまうのも考え物ですが、元気そうで一安心です。

スポンサーリンク

 

『麻雀部部長』

椿彩菜さんはゲームだけでなく、実は麻雀好きとの事です。

今年の春に「芸能界女子麻雀部」を始動。

部長として活動を開始します。

これには様々な番組のプロデューサーからの依頼が椿彩菜さんに打診され、恐縮しながらも引き受けたそうです。

活動内容については、2017年5月17日配信の「Abema TIMES」内で以下のように説明しています。

 

主な活動は、プロ雀士を講師に呼び、符計算から打牌選択まで幅が広い。

「女子だとつい甘やかされてしまうことが多いのですが、番組ではマナーなどもしっかり見られているので」。

ほのぼのとした雰囲気の中でも、1回あたり4時間程度の“部活動”が行われている。

「うちの部はほめて伸ばすスタイル。否定はしません。まだいい悪いを語れる土台もないですからね(笑)手牌を開けた状態で『こっちを狙うのもありだよね』『役満はテレビでできたらいいね』とか言いながらやっています」。

多忙なスケジュールの合間に、何人もの芸能人が出入りし、最後に食事をして終わる。

参加メンバーは対局番組に出演実績があったり、今後出演を希望しているタレントだったりとさまざまだ。アイドル、女優、モデル、グラビアタレントなど、バラエティーに富んでいる。

椿姫の希望は、芸能界内でのリーグ戦開催だ。

「芸能界にいると、プロのリーグ戦に参加するというのが難しくて。でもリーグ戦は、麻雀をする人にとって勉強にもなる楽しい場所。そういう場所が増えたらいいなと思うんです。そこで腕を磨きたいし、芸能界の麻雀レベルの底上げにつながれば。麻雀が下手で番組に呼ばれなくなったら悲しいですからね」と、真剣な表情で話した。

5月7日からAbemaTV麻雀チャンネルで始まった「RTD Girl’s Fight」でも、女流プロ相手に真っ向勝負を挑む。

「芸能界にも、これだけ麻雀を愛している人がいるということを示したいですからね」と意気込んだ。

 

モデル、女優、ゲーマーとさらに雀士としても活躍する椿彩菜さん。

今後益々のご発展を期待します。

スポンサーリンク

Be the first to comment on "【改名】椿姫彩菜、現在は姫脱却!?麻雀部部長としての気位は!?"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*